お墓参りのときにお供えする食べもの飲み物

お墓参りの際には飲べものや飲み物をお供えします。この食べもの、飲み物はどのようなものがよいのでしょうか。
よくお墓にお供えされているものは、果物、お菓子、お酒、ジュースです。こういったものが多いのですが何をお供えしなければならないという決まりはないので、故人が好きだったものをお供えするとよいでしょう。
しかし、仏教では肉や魚は「なまぐさもの」といい嫌うことがあります。にんにくやネギなど臭いの強いものも好まれません。また、臭いは周りの迷惑になることもあります。宗派にもよりますが、動物性食品や臭いが強いものは避けた方がよいでしょう。
食べものは直接墓石に置くのではなく、半紙や懐紙の上に置きます。
お酒やジュースを墓石にかける方がいますが、墓石の変色の原因になるので行わないでください。
食べものは鳥に荒されたり、腐ったり、缶の場合は錆びて墓石を傷めてしまうので、お墓参りが終わったら持ち帰ります。持ち帰ったものは食べて構いません。

初盆のお墓参りにネイルをするなら地味に

指先までお洒落に気を遣う女性ですから、爪にはネイルをしている人も多いです。普段は好きなカラーやデザインのジェルネイルをしても、初盆の際にはネイルはしていいのか考えます。故人が亡くなりはじめて迎えるお盆の初盆は、法要とお墓参りが基本的にはセットです。本当に家族水入らずではなく、親戚などの親族や故人と親しかった友人知人なども参列するので、その場にふさわしい恰好をしなければなりません。故人を弔う場においては、派手なネイルをするのはマナーに反する行為です。初盆のお墓参りの際も同じですから、カラフルで目立つようなネイルは、あらかじめオフをしておきます。葬儀は急ですが初盆は日程が事前に決まっており、ネイルをその日までに落とすにも余裕があるため、計画的にネイル対策をすることです。親族だけで初盆をしてお墓参りに行くことになっても、目立つネイルは良い印象を与えません。どうしてもネイルをしたいのであれば、自然に見えるベージュ系などを選ぶことです。

お墓参りの際に水桶を持ち水をかける理由

お墓参りをする際には水桶を用意して、墓石に水をかける光景を見かけることがあります。明確な決まりがあるわけではなく、水かけをしない人もいますが、水をご先祖様に飲んでもらう供養として水かけをします。水かけをしたことで、子孫などがお墓参りに訪れたことを、眠るご先祖様に知らせると言うのも理由のひとつです。反対にお墓参りで水かけをしないケースもあり、水をかけるのは墓石ですが、ご先祖様に水をかけているようで失礼と考えて、水はかけないこともあります。信仰をする宗派によっても、お墓参りでの水かけに関して、決まりを設けることがあるので、気になるならお寺に確認をすることです。お水ではなく他の液体となる、お茶やアルコールはお墓にかけてもいいのか、ささやかな疑問も生まれます。亡くなった人が好きだったお酒や飲料を、お墓参りの時に墓石にかけるという行為です。茶類やお酒にジュースなども含めて、混ざり物が含まれる液体は墓石にかけるべきではありません。配合成分が引き金となり、汚れやシミが墓石に付着することがあるためです。