日本で最も普及している供養方法はお墓ですが、火葬後の遺骨をお墓に入れるのではなくて散骨するケースが増加しています。本当に供養する思いが強いのならば必ずしもお墓にこだわらなくても大丈夫です。埋葬することが当たり前だから散骨は興味がないという人は思い違いをしています。現代の正しい供養方法は1つではないです。散骨も選択肢の1つということを頭に入れてベストな供養方法を選ぶことが肝心です。もし故人の宗教観によって散骨をしたいという意思が分かったのならば散骨してあげた方が故人のためです。固定観念を持たずに社会の変化に合わせた供養をするのが最善です。散骨だからきちんとした供養ができないと考えるよりも埋葬ではない供養のあり方があることを知っておくべきです。私の周りにも散骨をしたいと考える人がいます。私は一度散骨をしたことがあるのですが、非常に素晴らしかったので後悔はないです。社会がどんどん変わってきているのでますます散骨の需要が増えると思います。