お墓参りのお供えは5種類の五供がベースに

お墓参りのお供え物の準備は迷うことがありますが、基本は5つのお供え物となる五供です。香りをたてることができるものと花、清らかな水に灯燭、それに飲食をお墓参りのお出かけ前には準備しておきます。ご先祖様のための香りは抹香やお線香であり、お線香はばらさないで束で持参すると、バッグの中でも折れたりはしません。白い菊をお墓参りには思い浮かべますが、仏花ではあるものの菊以外の、季節にあった花を選ぶこともできます。ろうそくに火を灯すのが灯燭ですが、お墓参りが終わったら火事にならぬよう、完全に火を消しておくことです。浄水は心を清める意味合いも含まれますので、清らかなお水のお供えも欠かせません。食べ物や飲料に関しては、できるだけ故人の嗜好品をピックアップして用意することです。季節の果物や日持ちするタイプの焼き菓子、清涼飲料水やお酒なども適しています。食べ物や飲み物に関しては、お墓参りの時にお供えしますが、あとのことを考えて必ず持ち帰ることです。

お墓参りの日程は六曜よりも天候を重視

中国から日本へ伝わった六曜は、現代も変わらず影響力を持っています。結婚式や何かをはじめる日には大安を意識しますし、葬儀なら友引は避けたいと考えるなど、時代が変わっても六曜を意識しないわけにはいきません。お墓参りをする際にはカレンダーをチェックしますが、六曜の書かれているタイプだと、その日は六曜の何かを確認してしまいます。お通夜やお葬式なら友引や仏滅を避けるように、お墓参りも避けたほうが良いか迷うところです。確かに仏滅などは縁起が悪い印象ですが、お墓参りをするのに絶対にダメな日でもありません。友引や仏滅などの六曜は慣例ですから、葬儀などの時は意識しても、お墓参りの日程としては気にしすぎないことです。お彼岸やお盆以外の混雑しない時期であっても、仏滅の日もお墓参りをして問題はありません。六曜に振り回されてしまう必要はなく、逆に注意をしたいのは天候の悪い日です。足もとも滑りますので、お天気が安定した日にお墓参りを変更するなど、調整をするのも良い方法と言えます。

お墓参りは欠かしません。これは日本の文化

お墓参りとは日本人の昔からある文化だと思ってます。先祖様を敬って、今の自分があるのはご先祖様がいたおかげだと感謝する気持ちがすごく大事だと思うんですね。

だから僕は1年のうち、秋分の日、春分の日、お盆に暮れと必ずお墓参りをする事を欠かしません。お墓参りをして、僕自身もご先祖様に感謝の念をお伝えしているのです。

このお墓参りをするようになったのは社会人になってから。一度テレビを見ていたら有名な占い師さんがお墓参りは必ずしなくちゃダメだと言っていました。日本人は古来から先祖の霊に守られているのだそうです。お墓参りをする事で自分の未来は本当に明るくなるとも言われていました。

他の芸能人もテレビで同じような事を言っていましたね。大きな仕事の前には必ずお墓参りをするとか、お墓参りをするようになってから不思議と仕事が舞い込んでくるようになったとか。中には月イチでお墓参りをする事を欠かさないという芸能人の人もいました。

仕事とか自分の運勢が良くなる事を期待してお墓参りをするというのは何か、邪な気持ちもしますが、でも、ご先祖様に感謝の気持ちを表す事で自分の運勢が良くなるという事は分かるような気がします。なにしろ、日本人は先祖様の霊を本当に大切にする民族なのですからね。

このように言う僕もきちんとお墓参りをするようになって、本当に運気は良くなったように感じていますよ。社会人になってこれと言った大きな失敗もなくやってこれています。これもご先祖様が僕を見守ってくれているおかげなんだなと、どこかスピリチュアルな効果を感じずにはいられません。

お墓参りに供える花は何がいい?

寺院や霊園で花を販売していることもありますが、お墓参りの際には花を持参します。
日本ではお墓に供える花として菊が好まれています。菊が好まれている理由は、花が長持ちすることや、枯れるときに花びらが散りにくいことなどです。
しかし、お墓に供える花は菊でなければいけないという決まりはありません。
菊の他によく供えられる花は、カーネーション、ユリ、スターチス、リンドウ、アイリス、キンセンカなどです。トゲを持つ植物や香りが強いもの、毒を持つものは避けることが望ましいです。
故人が好きだった花を供えても構いません。好きな花を供えてもらえると喜んでくれることでしょう。バラのようにトゲがある花は避けることが望ましいのですが、個人がバラが好きだったのであればバラを供えても構いません。
花は2か所に供えますが、左右対称になるようにします。花の量と色のバランスを考えましょう。
気をつけたいことが花粉です。墓石に花粉がつくと墓石の変色につながるので、花粉が多い花は避けるか、雄しべを取り除いて供えてください。

家族同様の愛犬とのお墓参りはできるのか

ペットはもはや家族の一員として認識する家庭も増えていますから、お墓参りの際にも愛犬を連れて行きたいと考えるのも自然なことです。冷静に考えてみた時に、お墓参りに犬を一緒に連れて行ってもマナー違反にはならないかも頭をよぎります。自己判断ではなく霊園や墓地に、お墓参りに行く前にペットも一緒に行って良いかの確認をすることです。つい忘れがちですが霊園や墓地という場所は公共の場ですから、他のお墓参りの人も訪れますし、ルールやマナーも守る必要があります。周囲の人の迷惑になることが予測されたり、ペットにも大変な思いをさせるかもしれないなら、墓地には連れてはいかないことです。人間としては一緒にお墓参りをしたい気持ちはやまやまでも、犬が墓地へ行き窮屈な行動や思いをするなら、連れて行くのはあまり良い判断とは言えません。もしも犬同伴の許可が下りる霊園でのお墓参りであれば、犬のトイレは事前に済ませておくこと、しつけがなっていることも大前提です。

お墓参りで避ける素材と足元を守る靴選び

葬儀や告別式への参列時には、喪服を着用してお葬式にふさわしい装いを意識しますが、お墓参りの際はそこまで神経質になることはありません。身なりにも意識をしてお墓参りをするならば、ファーや毛が悪いは避けたほうが無難です。

絶対にお墓参りの服装で選んではいけないわけではないですが、ヒョウ柄などのアニマル柄や革ジャンに毛皮は、殺生をイメージさせます。日本人の多くは仏教であり、仏教の教えとして殺生は戒める教えがあるためです。

洋服だけではなくアクセサリーや、手に持つバッグ類にもファーや毛皮素材が使用されることがあります。自分でも避けようと意識するなら、部分使いでも手持ちの荷物にも、毛皮やファーが使用されていないものを選ぶことです。

お寺の足元は土であったり石が敷き詰められていたり、玉砂利であることが多いので、足元も悪さにも対応できる靴を選びます。ハイヒールなどは滑りやすく、玉砂利に埋もれることもあるので、足元の安定の良い靴を履くことです。

祖父のお墓参りにいっています

年に何回かは祖父のお墓参りに行きます。
お墓の場所が丹沢山系の麓という場所もあって、日常の喧騒を忘れることができますし、清流のすぐ脇にお墓がありますのでマイナスイオンを浴びることもできます。従って、私の気分転換も兼ねて足を向けやすいという側面もあります。
お墓参りの際には清掃をしたり、花や祖父が好きだった日本酒などを供えます。祖父は海兵として戦争を経験した後に大企業で働いてきましたので大変尊敬しています。特に仕事が上手くいかなかったり、悩みごとがあったりするとお墓に手を合わせて頑張るので見守っていて下さいとお願いします。
今年で93歳となる祖母は未だに顕在ですので、元気なことも報告しています。定期的に訪問することで祖父が見守っていてくれているという精神的な安心感が生まれますし、私自身もやるぞと気分を切り替えるスイッチにもなりますので今後もお墓参りを続けていくつもりです。
最近は曾孫二人を連れて顔を見せにいったりもしていますが、お墓参りは子供の教育の場としても重要だと思います。

お墓参りにもルールがある

ご先祖さまなど、大切な故人へと会いに行くことを目的としているお墓参りですが、お墓を墓地や霊園などに建てている人はお墓参りのルールについても理解しておかなくてはなりません。
お墓参りには花や故人の好きだった食べ物やなどを持参される方も多いかもしれませんが、最近ではこれらのお供え物を規制している霊園などが多いため、注意が必要となります。これは、墓地や霊園によってルールが異なりますので、お墓の管理者に事前に聞いておく必要性がありますが、生花などは枯れてしまうと景観を損なうとして禁止にし、造花のみを許可している場合もあります。
また、食べ物なども野生の動物が荒らしてしまう可能性から規制しているケースが増えているのです。しかし、故人の好きなものをお供えしたいという気持ちは強いはずです。そこで、食べ物や生花を一度お供えし、帰宅する前に撤収するという手法を取られている方も多くなっています。
お供え物の規制は厳しくなりつつあるため、事前に把握をすることが必要となります。

お墓参りで墓石に抱きつかず別の表現を

亡くなられた故人が本当に大好きだったり、強い懐かしさをお墓参りで感じることもあります。その懐かしさゆえに、愛情の深さゆえに、お墓参りで墓石に抱きついてしまわないとも限りません。なぜならばお墓の墓石とは、すでに肉体はないものの、故人そのものといった認識があるからです。心から信頼をして愛情のあった相手であれば、生きている人間としてはそばに寄りたいですし、思わずハグをしたくもなります。でもいくらお墓参りで懐かしさがこみあげても、お墓には抱きつかないことです。ほかのお墓参りに来ている参拝者の視線を気にするというよりも、墓石でトラブルが発生をするリスクがあります。夏のお盆はまさに全国的にも、一斉にお墓参りに出かける機会ですが、猛暑の中のお墓参りはとても暑さが厳しいです。強い太陽の陽射しが照り付ける墓石は、びっくりするほど熱を込めています。うっかり抱きついたら、墓石の熱で火傷をしかねません。墓石は角ばっていますので、抱きついた拍子に角にぶつけて、怪我をしても大変です。抱きつかないのを前提として、懐かしさや愛情に感謝はお墓の掃除などで表現をするようにします。

お墓参りをするタイミングの決め方

親族に故人がいればお墓参りをすると近況報告ができ、代わりに残された人生を充実したものになるように誓うきっかけになります。タイミングはお彼岸やお盆の時期が多く、霊園などには臨時バスが出るなどアクセスに便利です。近年ではお墓参りに対して無頓着な人も増えていますが、習慣付けないと感謝する気持ちがおろそかになることもあります。基本的にお盆休みの時期は親族が集まる家庭も多く、そのついでにすると忘れずにしやすいです。

お墓参りをするタイミングの決め方は親族が集まるタイミングにすると祖父や祖母などが故人であれば生前のことを思い起こすきっかけになり、今後の人生につながるように考えると効果的です。墓参は自宅の近くにあれば行きやすいですが、霊園の一角など遠くなれば時間に余裕がないと厳しくなります。タイミングの決め方は人それぞれですが春分の日や秋分の日は祝日であり、お彼岸をする風習があるためこの機会にすると良いものです。