墓じまいをするときには、色々なところで理解を得ることが必須になっています。それは何故かといいますとその墓が自分のものだけではない、ということもあるのです。例外としてほぼ天涯孤独のような状態であるのであればそれは問題ないことになりますが、問題は親戚がいる場合です。ですから、そうした時にはしっかりと周りとの話し合いをする、ということから考えるようにしたほうがよいでしょう。私の大叔父の場合も大阪で葬儀場をどこにするかで親戚一同まとまりませんでした。

まず、墓じまいをする理由なのですが多くの場合、墓を受け継いでくれるような人がいないから、ということが殆どになります。自分の代で終わる、というのであれば墓じまいというのは基本的にはやるべきことでもあります。さて、大抵の場合、その墓の中に遺骨があるわけですから、その処理もする必要性がある、ということになります。墓じまいとは改葬することもありますし、本当にもう言い方は悪いのですが捨てる、というやり方もあったりします。

どちらにせよいるのが、墓を終えるわけですから墓石の撤去も必要になるのです。その処理費用に関しては色々と違いがあります。そして、肝心の自分の骨はどうするのか、ということになるのですが大抵の場合は永代供養へ、ということになります。それすらしないで散骨する、という考え方を持っている人もいますが、そのあたりは難しい話になります。墓じまいの基本はどこにも迷惑をかけることなく、墓を終えるということにあります。

だからこそ、しっかりと計画的に行う必要性があります。また、何も墓じまいの計画を立てたからといって別にすぐに終える必要性があるというわけではありませんからそれは注意しておきましょう。要するに死んだ後にこうした手続きをして欲しい、というやり方もあったりするわけです。やり方は様々ですから、それを意識してどのように終えるのか、ということを決めましょう。特に費用的な問題は明確に把握しておきましょう。そうすれば安心して墓じまいができるようになります。

PR|AGAでお悩み解決|AGAお悩み相談.com|英会話ノウハウ勉強会|クレジットカードの即日発行じゃけん|お小遣いNET|新築一戸建てを建てる時に読むサイト|マーケティング経営研究.net|エステサロンを上手に利用する情報サイト|内職 アルバイト|生命保険の口コミ.COM|生命保険の選び方|