改葬の際には遺骨を移動させる必要がありますが、多くの場合は自動車を利用した運搬です。あまり遠距離であれば自動車では大変ですし、運転免許がないとか自動車がないなら、最初から自動車での選択肢はありません。自動車だけにこだわることなく、遺骨を搬送するには公共の交通機関をすることもできます。電車やバスは普段から人々の足となっていますし、少し費用が高くなりますがタクシーの利用も可能です。公共の乗り物を使用する際には、たくさんの人が利用をすることから、遺骨の入れ物をオープンにはしないようにします。他の乗客もあることですから、遺骨の入れ物は風呂敷など、何かで包んで周囲に遺骨とは悟られないようにすることです。快適な持ち運びを考えるなら、大きな遺骨もすっぽりと入るバッグを使うことができます。一般的な普通のバッグではなく、遺骨のために作られている、運搬専用バッグもありますので、購入をして持ち運ぶのも良い方法です。